インターネットのサイトを見ていて、 『SK−1』的な考え方のモデルを見つけました。
これは、メンターに教えてもらったサイトです。
僕も、感銘を受けました。
それは、『TED』というサイトで、 副タイトルに、『Ideas worth spreading』
衝撃。。
=広める価値のあるアイディア。電球
世界の有名な人、有名な学者、有名な経営者が、 それぞれ自分の考え、自分の信念、自分の研究を みんなの前に立って講演するビデオです。カラオケ
それは、以下のURLから見ることができます。


その中で、 「社会運動はどうやって起こすか」走る人 という非常に印象的なビデオがありました。
それは、デレク・シヴァーズという人のビデオでした。 たった3、4分のビデオでしたが非常に感銘を受けました。
それは、あるアメリカでの休日に起こった出来事です。 日曜日に、若者がどうやって集団行動を起こすか、というビデオです。
「社会運動はどうやって起こすか」走る人
それは最初、ある若者が芝生の真ん中で、踊りを始めました。 公演の芝生の真ん中で、踊りを始めました。
普通に見ると、それは単なるくだらない踊りなんですが、 そうすると、あるまた別の若者が、その踊りに呼応しました。
すると、またしばらくすると3人。 3人目が踊りました。
1人目・・・、2人目・・・、3人目・・・。走る人走る人走る人
それが、踊りに加わるまでは、 非常にはたから見て、「何をやってるのかな。」 という抵抗があったのですが、
そうすると、4人目からはどんどん加速して、 そこにいるほとんど全員の人が、走る人走る人走る人走る人 その踊りに参加しました。
たったひとり、たったひとりの運動が、 社会に広まっていく、ひとつの実験でもあるかもしれません。
その1人から、3人になるまで、それが非常に大変で、 3人になったら、これは学問の世界でいうのですが、 「ティッピング・ポイント」(=ある臨界点)を超えてどんどん広まります。