パンチの技術は、「アウトサイド・イン」の突き方が一般的ですが、

これは、「外側から、内側に」パンチする技術です。

 

ボクシングや実戦空手では、この突き方を用いるようです。

 

僕がINOUE塾で習ったやり方は、「インサイド・アウト」です。

そう、「内側から、外側へ」というものです。

 

「八木橋は実戦的だから、このやり方を教える」ということで、

一般の少林寺拳法の拳士とは違う教え方をして頂けました。

 

 

このやり方は僕が以前、「少林寺拳法には、猫パンチがある。」というようにたとえた突きのことです。