2009年度の3段の試験の時、 八木橋まさあき先生が、生徒たちのためにi MindMap(パソコンソフト)で、 『3段抽出科目のマインドマップ』を作成してくれました。
「この1枚だけ見れば、すっきりして、3段、ウカルっ!!」 先生が、黒板に張り付けたマップを、拳で叩きつけました
生徒たちは、そういものの、 「え〜。こんなに、たくさんの技を〜。」 かなり、嫌そうな様子です。
「三段までの技が基本だっ。」
あとは、おまけみないなもの。
なので、これだけは完璧にしてください。
先生からのお願いっ!!
「わかったよ〜。泣き顔」
全部で、たった169個だ。しかも、重なりがある。
よく考えてみろっ。 たった、一枚の紙に負けるのか〜。
えっ?そんなんで、『SK-1』になれると思ってるのかっ?
「え・・・、う〜ん。なるよ!!なれるよ!!」
おれが出来たんだ。他の先生がどう言おうと、 『3段までの技が、すべての基本だっ。』 あとは、おまけみたいなもんです。
最後に、 ★ShowGackのマップの解説★ ちなみに、色分けしたのには意味があります。
1枚目が、技のレベルごとの色分け。
黄色(イエロー)=3級   三段=赤色(レッド) 緑(蛍光グリーン)=2級  二段=水色(蛍光ブルー) 茶(オレンジ)=1級     初段=ピンク色
※メイン・ブランチ(太い幹の部分)の色は、気にしないでね。
2枚目が、拳系ごとの色分けです。