演武は「本当に2人で戦っているように見える」のが驚き!
…と一般の方は思っています。
 
まー、そうですよね。確かに、、、
 
「映画ではない。目の前で本当にバシッバシッと突いたり、蹴ったりしてる!」

というのがお客さんには、オドロキです!!

と初めて演武という技術を見た

オーディエンス(視聴者)は言いたいのですね。
 
少林寺拳法を知らないので、

その言い分は分からないでもありません。
 
ただ、少林寺拳法の経験者に実際になり

やって見てから分かることにはなりますが、
 
「高度なレベルの演武をこなすには、相応の時間がかかってしまう」

ということや、

「大会演武の身体的ストレスもある」し、
 
さらに、練習ではしぐじると、

怪我も多々あります。

「なかなか、難しいものである」という演武者の気持ちは、誰も気にしません。
 
見ているお客さんは当事者ではないので

演武者の気持ちは理解されないのです。
 
少林寺拳法は大会試合となれば

怪我はつきものですし、命がけでやるもの。
 
また、仕事的・時間的にも、他のやることを犠牲にしたり、

捨てなきゃいけなくなります。
 
睡眠時間を減らしたり、走り込みしたり、

自分自身で体重制限をかけたりです。
 
そういうわけなので、危険が伴います。
 
「本当に戦っているように見える」という

以上のことをしてる自信があります。
 
だから、あんまりな

言い方しないでちょうだいね~😅

#睡眠時間
#体重制限
#演武
#少林寺拳法