モモタロウ、イヌ、サル、キジには、一人ひとりの役割があります。 それぞれのキャラがお互いに補い合いながら 自分の持ち味を発揮することが、会社やチームの理想的な形です。
そこで、『桃太郎』のストーリーを思い出してください。
まず、モモタロウが「鬼退治に行く」というミッションを掲げるところから 物語が始まります。つまり、起業家の役割。 でも、ひとりで鬼退治は出来ないので、最初に仲間になたのはイヌ。
イヌは賢いから実務家としての能力があるし、大きな声で鳴きながら ミッションを伝えていくコミュニケーターの役割を果たしていきます。
そこで、次に加わったのがサルで、組織固めをして、 実際に鬼を退治する態勢を整えるわけです。
しかし、この三者には潤滑油が必要になってきます。 そこへ登場したのがキジ。 鬼をやっつけるのにさほど役立たないのですが、
愛と統合の象徴であるキジは、ぴかぴか(新しい) モモタロウ、イヌ、サルのチームを癒す力を持っています。いい気分(温泉)
ただし、自分の役割が決まっているなら、 私は癒し人だから起業家にはふさわしくない、 なんてことは考えないでください。
いろいろな立場に立って経験を積むことで、 切磋琢磨し、人として磨かれて、双子座 本来の資質が将来、大きく活かされて生きてくるのです。