ところで、モモタロウ的なリーダーが、 少林寺拳法の世界に現れるのだろうか。  
 
2014年までに、少林寺拳法のヒーローは現れない場合、 2015年以降は、ず〜っと衰退しましょうという『選択』もできる。  
 
「じゃあ、ヒーローを作ってしまおう?」ってことになると、 少林寺拳法に別派ができてしまうことになる。  
 
少林寺拳法は、『世界で1つのSK』である・・・!!  
 
じゃあ、どうするか。  
 
まず、モモタロウ(起業家的なヒーロー)と助け合う(⇔)、 イヌ(実務家的な賢いサポート役)に頑張ってもらうことになる。  
 
2015年〜2032年の間は、 冬の時代といって、新しいサイクルの始まりなので、 本当はモモタロウに活躍してほしいんですが、  
 
イヌ(実務家)に、(モモタロウ以上に!!)活躍してもらって、 少林寺拳法(R)を製品化・改良してもらいます。  
 
僕の役割はサル(管理者)なので、生産・販売を効率化して、 キジ(統合者)を一方的な矢印(↑)で、サポートします。  
 
キジが製品を個性化していきます。  
 
この役割と順番で、『SK-1』運動は進んでいきます。 目標は2032年に、SKが『春』を迎えられることです。  
 
それぞれが役割を果たして『SK-1』になる人が出てくるか、
もしくは、2032年までに少林寺拳法が衰退してしまって、 いつかなくなるか・・・は、  
 
僕たちの一人ひとりの『選択』にかかっている。  
 
少林寺拳法が、本気で好きですか。 未来に少林寺拳法(SK)を残したいですか。
2032年まで、SKがしっかり残っているかは、 僕たち一人ひとりが立ち上がって、今変わっていくしかない。  
 
大切なことは、変化を恐れることではない。 謎解きゲームと思って、変化を楽しむことである。
そのためには、それぞれ『イヌ』、『サル』、『キジ』になる人が必要。  
 
そこで、前もってサル(管理者)が一方的に、 キジを育てて、準備しておく必要があります。  
 
ユート王子は将来的に、自然とキジ(統合者)になると思われます。  
 
つづく