かつての、明治大学少林寺拳法部の練習方式で、 『蹴り込み』トレーニングが、ありました。足 『蹴込み(けこみ)の練習』と、言われています。
蹴り込みは乱捕りでとても有効です。 受けても、受けても胴に入っていきます。
はじめにもいいましたが、この練習は黙々と1人でできます。
まず、単独練習が基本です。1人でやってうまいことがSKの原則。 1人と1人が、うまければ、演武で合わせてもうまくなります。
1人で練習をする場合、早い段階で蹴り込みの技術(=スキル)を 習得しておけば、とてもいい蹴りができます。 単独演武でも、「良い蹴りだ。」と先生にもほめられるでしょう。
明治大学SK部OBのM口さんが言っていましたが、 明治大学では、運用法にかなり力を入れています。
今でも伝統的に演武と乱捕りを半々で練習しているそうです。
学生大会では過去に行なっていた、 5対5の乱捕り(=運用法)の団体戦が復活しつつある、 気配があります。
『勝敗は争わない』(※)では、大切な人を守れないのです。 乱捕りで使える、単純に「ケンカで使える=強い」。 若いころは、(←限定!!)そういう単純なことでもいいと思います。
わざわざ全員で「勝ち負けありません。」って、言うこともない気がします。 有段者が、空手経験者の級拳士に、負けるなって泣き顔。 やってる意味ないよ、そんなの。ちっ(怒った顔)自分がそうだったら、死んじゃいたい。 少林寺拳法が弱いと言われたくない。
「武道でもあり、スポーツでもある。」でもいいけど、 「少林寺拳法は、スポーツです。走る人」と、たまには言ってみたい。
「他にも、空手や合気道を合わせたようなものです。^^」とか、 「むしろ、少林寺拳法の動きは、空手の動きといっしょです。」とか。
今は現代なんだから、「勝ち負け」があってもいいじゃない。
基本的な武道の動きは、いっしょなんだから。 突きと蹴りしかないんだしね。
開祖が言った、少林寺拳法の「勝つより、負けない」武道思想は、 素晴らしいものです。
でも、「前もって、心の中で勝っていて、その結果勝つ」的な考え方は、手(グー) スポーツで大切です。
オリンピックで金メダルとるようなプロのスポーツ選手は、 はじめから『勝つ』と思って、『無心』になったから、勝てるのです。手(チョキ) フィギア・スケートが荒川静香選手が金メダルをとった時もそうでした。
「しょうり(勝利)んじけんぽう(←?)」って、読むんだから(笑) 若いときは、ちょっとくらい、ハメはずしてもいいんじゃないバッド(下向き矢印)
※少林寺拳法の「勝つより、負けない」思想は、「自殺しない」とか、 戦争中に死に掛けたときに、気絶するくらいまでふらふら 「精神が参ったと言わない」というニュアンスだと思います。