各世代のオピニオンリーダーが
少林寺拳法にも必要だと、

若手の少林寺拳法職員にも言われたので、 ・・・ハッしました。
自分の立場を明確にしないまま、
何も言わないでいることが、逆にマズくなる。

『少林寺ムエタイ』というネーミングの
少し高度な技術を教えている

自分にとっては、逆によろしくないのでは・・・と、
僕自身、感じてきているからです。

【「総合格闘技」と「少林寺拳法」は、全くの別ものです】
他の格闘技ジムに同時並行して通ったり、
他流試合をすることは、

「少林寺拳法とは関係ないものとしてやれ」
先生から言われて、僕はずっと守って来てます。

「少林寺拳法」にどっぷりと漬かっている人は、
僕を見ると、過度に「格闘技をやってる」イメージを受けるかもしれないです。

今の時代は、外に発信することが重要なことで、  発信しないことの方が武道人口が減少する1番の原因。
そもそもの情報発信を増やさないことで、自分を抑えてつけていて、 道場での活動が傍から見ても、ブラックボックスな状態であることが、

フェイスブックやサイトで記事を見てくれる方にとっても、
よくないことだと、僕自身が思っております。