宗道臣先生は、古参の先生方が若い青少年の頃によく、 「君たちは昭和に桃太郎になりなさい」とおっしゃっいました。
イヌ、サル、キジを仲間にした桃太郎は、 悪いことをして人々を苦しめていた鬼どもをやっつけるため、 鬼ヶ島にのりこんでいきます。
その正義感と、勇気と、行動力。
そして降参した鬼どもをさとして悪いことをやめさせ、 許してやるやさしい心をもった桃太郎。
「カッコイイ〜ぉ、もも太郎。」 今の子供たちがもし、過去にタイムスリップして、 開祖の生の声を直接聴いたら、 そう、思ったでしょう。
かしこくて、やさしく、強い桃太郎のような若者がたくさん育っていけば、 日本はみんなが楽しく暮らせる、平和な住みよい国に必ずなる。
開祖宗道臣先生は、それを願っていました。
そして、それは成功しました。
たしかに、 少林寺拳法は、かしこさと勇気と健康と、 たくましく生きる自信を植えつけ、
自分の幸せだけでなく、 他人の幸せも考えて行動できる思いやりをもった人を育て、 その人たちによって理想社会をつくるための道として、 世の中を変えました。
でも、その成功体験はいったんリセットしなくてはいけません。
なぜなら、今はかなりヤバイ状況だからです・・・。
つづく