私のミッション(使命)は、衝撃 『SK−1』運動で少林寺拳法のムーブメントを起こすことです。
それは、SKを世の中に広めて「少林寺拳法」ができる人を ひとりでも増やしたいということです。
少林寺拳法をしているの人が少なくなっている理由は、 少子化のせいではなく、時代にマッチしていないからです。
いろんな理由があると思いますが、 「1人では、練習できない」という思い込みが、 もっとも大きなものだと思っております。
師匠(メンター)は必ず、必要です。 そして、学習で一番大切なことは、独学だと思います。 『SK−1』の考え方が世の中に偏見なく浸透すれば、
誰もが、自分のペースで「法形」の学習ができるようになります。
誰もが、「法形」の練習に無駄な時間を費やすことなく、 最短のスピードで、ポイントを体で記憶して、 どんな応用が必要な「運用法(=行)」でも、解くことができます。
だけど、残念ながら『SK−1』運動は、市民権を得ていません。 そのビデオであるように、最初踊り始めた若者は、 みんなから「バカだ」と、思われます。みんなから、嘲笑されます。
それは、私かもしれません。
『SK−1』運動を広めて、世の中を変えていこう。 という、大それた希望を持っている・・・。
それは、バカな私かもしれません。
しかし、それがあなた。あなたの賛同を受け、 あなたの友だちの賛同を受け、 それが大きな社会現象となって、日本中、世界中に広まっていく。
ということを、今年の決意にしたいと思います。
そのための努力、それはいろいろやっております。 しかし、まだまだ広い芝生の中で、 私がひとりだけ踊っている。そのような状況です。
ぜひ、あなたも加わって、 そして、あなたの友だちも加わって、 この『SK−1』運動を世の中に広める、
ということを、いっしょにやっていきましょう。走る人グッド(上向き矢印)