「蹴りか、突きのどちらかしかない」

父(八木橋敏)が剛法乱捕りの指導をする時に、
よく言っていました。

そう、パターンは限られているということです。

ですが、その形はあなどれません。
知っているか、知らないかで天と地の差があるからです。

その形を知らないと、
スタート地点にも立てない。

少林寺拳法の東京事務所の井上弘所長が言っていましたが、
「それができないと、何も始まらない」


つまり、基本の形を知らないと、
「=次が教えられない」ということです。
 
いくら運動ができて、演武で入賞できる人でも、
運用法も少林寺拳法の演武と同じで、知らないとできません。
 
「(内容を)知らない=(運用法が)できない
 
トレーニング・レシピが必要で、
基本の「基礎」ができて、はじめて
次のやるべきことが見えてくる。
 
そこには、正しい内容がある。
旗を翻しながら、導いてくれるコーチがいる。
自分のコーチは選ぶことはできます。
 
ジブンらは先生を選びました。